履歴書は手書き?パソコン?迷うなら

転職活動で必要不可欠な履歴書。手書きで書くのか、パソコンで作成してもよいのか迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか。手書きすること、またはパソコンで作成することは選考に影響はあるのでしょうか?

今回は、履歴書の採否への影響や作成方法のポイントなどを解説します。

手書きとパソコン、どちらがよい?

履歴書については、応募先企業から指定がない場合、手書きとパソコンどちらでも採用の可否に大きな影響を与えることはありません。企業が重視しているのはどちらで書いたかではなく、どんな内容が書かれているかです。ただし、どんなに内容が良くても、書き込み過ぎている、字がきれいではないなど、読みにくい履歴書ではあまり良い印象を与えません。より読みやすい履歴書にするためには手書きがいいのか、パソコンがいいのか、検討するとよいでしょう。
また、フォーマット等が指定されている場合は必ずそのフォーマット通りに作成しましょう。

迷ったときの判断ポイント

手書きかパソコンか、どちらにするか迷った時には応募先企業の特性に合わせて選ぶとよいでしょう。応募先の企業の規模や業務の進め方をイメージすると、判断しやすいのではないでしょうか。迷った時には応募先企業に直接問い合わせてもよいでしょう。

手書きが良いとされる応募先

手書きが良いとされているのは、官公庁や長い歴史を持つ企業です。加えて、接客や販売、受付なども手書きが向いていると言われています。様々な人と対面する業種は人柄や丁寧さが求められるため、人柄が現れやすい手書きが良いとされています。

また、紙媒体やハローワークに求人情報を掲載している企業は、日頃から業務で紙を使用することが多い可能生がありますので、手書きのほうが向いているでしょう。

パソコン作成が良いとされる応募先

パソコン作成が良いとされるのは、外資系企業やIT企業、インターネット関連や金融関連です。これらの企業では日々の業務でパソコンを使用するため、パソコンスキルを証明するという意味でもパソコン作成が良いとされています。

それ以外の業種でもホームページで応募受付を行っている企業や転職サイトに求人情報を掲載している企業はパソコンで作成するとよいでしょう。

作成時のポイント

手書きの場合、履歴書は「JIS規格履歴書」を使用するのが一般的です。近年は、「JIS規格履歴書」以外の商品で、学歴や職歴の欄を大きくとっている履歴書等もあります。自分がアピールしたいことをしっかりと記入できる履歴書を選ぶとよいでしょう。
用紙のサイズは、日頃扱う書類と同じサイズの「A4」を選びましょう。
筆記用具は黒のボールペンまたは万年筆にし、消すことのできるボールペンや修正テープの使用は避けましょう。

パソコンで作成する場合、作成するソフトは多くの企業で使用されている「Word」または「Excel」を選びましょう。フォントは「明朝体」や「ゴシック体」で。フォントサイズは氏名以外を統一すると、バランス良く見やすい履歴書になります。
また、応募先に送信する時は「PDF」に変換するとレイアウトが崩れないので安心です。印刷する場合には普通のコピー用紙ではなく、上質紙や履歴書専用の用紙を使うとよいでしょう。

まとめ

履歴書は基本的に、応募先企業からの指定がない場合は手書きでもパソコン作成でも採否に大きな影響を与えることはありません。手書きかパソコン作成かを選べる場合には、応募先の企業にどちらがマッチしているかで選択し、自分のピーアールがしっかりできるほうを選ぶとよいでしょう。また、複数社に応募する場合など効率的に作業を進めたいときには、パソコンで作成し、必要な部分をコピーして使用するとよいでしょう。
履歴書の作成は丁寧に作業を進めることが大切ですので、不備なく作成できる方法を選択しましょう。

転職に関するご相談はJobeeへ

Jobeeは宮城県に特化した転職相談サービスです。大手転職サイトに掲載されていない優良求人情報も多数掲載。地元に強いコンサルタントが無料で転職活動をサポートします。 宮城県、仙台市で転職を検討している方は是非Jobeeへご相談ください。